感染予防対策

感染予防対策について

相模原協同病院は、院内感染予防対策のために標準予防策を取り入れ、全ての患者さんに安心で安全な医療が提供できるように心掛けています。

神奈川県第2種感染症指定医療機関

相模原協同病院は、神奈川県第2種感染症指定医療機関です。

  • ※感染症診療は、海外渡航歴のある方でマラリア等を心配される方は対応できませんので、ご了承いただきます様お願いいたします。詳しくはお近くの保健所にお問い合わせください。

感染予防対策の実際

  • 標準予防策

    全ての患者さんの血液・体液・排泄物を取り扱う時は、防護具(手袋・マスク・プラスチックエプロン・ゴーグル)を使用します。感染予防対策のなかでも、最も基本的で重要な手洗いをしっかり行っています。

  • ペーパータオルの設置

    院内の水場すべてにペーパータオルを設置してあります。手洗い後は、手についた水分を十分にぬぐい取っています。


  • 防護具の使用

    防護具(手袋・マスク・プラスチックエプロン・ゴーグル)は病室内、病室の入り口に設置し、患者さんの前で装着しています。


  • インフルエンザ予防接種

    病院職員は、毎年インフルエンザ予防接種をして、患者さんにご迷惑のかからないようにしています。

  • 感染症患者発生時の対応

    感染症患者発生時は、対応手順に従いすみやかに対応し拡大防止策を検討・実施します。

患者さんへのお願い

  • 面会時の注意事項

    当院では、入院患者さんに対する院内感染予防対策として面会の制限をしています。感冒症状・下痢の方、小学生以下のお子様に関してはウイルス性疾患を含む院内感染予防対策のため原則として面会をお断りしています。面会に来られた方は、病室に入る前に洗面台で手洗いをし、手についた水分を十分ぬぐい取ってから面会してください。

  • せきエチケット

    外来受診される方でせきの出る方は、マスクを使用してください。外来受付右側に自動販売機が設置してあります。また、2週間以上せきが続いている方は、受付時に事務員までお申し出ください。