緩和ケア科

緩和ケア病棟の入棟基準

①がんの患者さんで、がんを治すことを目標にした治療の適応がない方あるいはそれらの治療を希望されない方で、通院や在宅での症状緩和が難しく、専門的な緩和ケアを受けるために、入院が必要と判断されている方が対象です。

 

②患者さんが病名や病状を理解されていることが望ましいと考えます。

 

③患者さんやご家族が緩和ケアについて以下の内容についてご理解いただいたうえで、入院を希望されていることが必要です。
・緩和ケア病棟では、抗がん剤や免疫療法、分子標的薬、ホルモン剤など、がんに対する積極的な治療は行いません。病状の進行に伴う身体や気持ちのつらさに対して、症状を緩和するための治療を行います。

・患者さんへの負担を考慮し、気管内挿管、気管切開、人工呼吸管理、心肺蘇生は実施しておりません。
 

④ご病状に伴う症状がなく、介護を目的とした入院はお受けできません。

 

⑤当科では当院に主治医をもたない患者さんは、緊急時の外来および入院対応ができないため、緊急時に診察・入院できる病院があることが必要です。

 

⑥緩和ケア病棟を希望される方により多く利用していただきたいとの観点から、定期的に多職種によるカンファレンスを行い、症状が安定している場合はより適切な療養場所を選択できるように、転院や退院の支援をします。

 

⑦以下の患者さんの入院はご遠慮いただいております。
  ・がんに対する積極的な治療を希望している場合(抗がん剤、手術、免疫療法、ホルモン剤など)
  ・人工透析、人工呼吸器による管理が必要な方
  ・既往歴や併存疾患等によっては、当科で対応しかねる場合がありますので
   あらかじめ個別にご相談させていただきます