未病・漢方外来

未病・漢方外来について

未病とは

なんとなく調子が悪い、検査を受けてもなんともない・・・
 
こうした状態を東洋医学では「未病」と言います。
健康な状態とはいえず、このまま放っておくと病気になってしまうことが多いのです。
健康診断や、検査などで異常がなくても、自覚症状がある場合は、未病の状態である可能性があります。

未病・漢方外来で行うこと

未病はそのままにはせず、早期対応が大切です。そのため、「未病・漢方外来」では、何かおかしいなといった体の変化に対して早い段階から治療を行っていきます。

健康診断などで特に異常ないと診断された方がどのような不調を抱えているかを医師が詳しく診察します。
それをもとに同席している漢方専門の薬剤師が適切なアドバイスを行っていきます。
初めての診察に訪れた患者さんに対しては、診察後念のため再度検査も行います。

さまざまな症状に対して漢方医学に基づく治療を行い、病気のサインを見逃さずに、元気で健康に過ごすためのサポートをしていきます。

外来概要

毎週土曜日(第3土曜日休診)

受付時間:8~11時

予約は不要です。初めておかかりの方は初診窓口にお越しください。

担当医師

病院長       高野 靖悟
診療部統括部長   保刈 岳雄 
外科部長      原 英則