栄養室

地産地消

地産地消(ちさんちしょう)とは?

地産地消とは、「地元生産-地元消費」を略した言葉で、「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で使われています。その土地や地域に生まれ育ち、生活する人々は、地元で採れた産物を食べて、健康的な生活を送るという考えです。
地産地消では、産地が近いので採れたて新鮮で、季節に応じた「旬」なものが味わえます。消費者は、生産者が分かり、生産されたものを身近に感じることができます。

相模原協同病院では、JA相模原市のご協力を得て病院食に「地産地消」を取り入れております。
また、病院玄関前では、地場野菜の直売所が開設されております。


相模原協同病院での地産地消のあゆみ

相模原協同病院では、入院患者さんに新鮮でおいしく、安全な地場野菜を食べていただきたいと、JA相模原市の協力を得て、平成17年9月より病院食に地産地消を取り入れています。地元の採れたて旬野菜を生産者からダイレクトに仕入れ、入院患者さんに提供しております。生産者グループはJA相模原市旭支店直売部会に所属する有志4名で結成された「JAアサヒアグリ」の皆さんです。

平成17年6月初旬
JA相模原市旭支店経済課に地産地消について打診

平成17年6月中旬
JA相模原市旭支店との第一回ミーティング

平成17年7月初旬
JA相模原市旭支店直売部会メンバーとの顔合わせ 取引交渉スタート

平成17年7月中旬
JA相模原市旭支店直売部会と旭支店経済課長との第二回ミーティング

平成17年7月下旬
JA相模原市旭支店直売部会より病院への納品困難と回答一時中断

平成17年8月下旬
JA相模原市旭支店直売部会の有志4名にて「JAアサヒアグリ」結成
「JAアサヒアグリ」、JA相模原市旭支店との顔合わせ


平成17年9月13日
病院食へ地産地消スタート
(JA相模原市旭支店がJAアサヒアグリの窓口担当)


平成19年8月28日
神奈川県より「神奈川県環境保全型農業推進にかかる協定書」を授与される
・・・取組作物8種類

神奈川県環境保全型農業推進にかかる協定書


JA相模原市旭支店野菜直売部会の活動


病院前直売所の様子

病院玄関前では、JA相模原市旭支店野菜直売部会の方々が、週二回(月・木曜日)新鮮な地場野菜を直売されています。これは相模原協同病院がJA病院である特色の一つです。直売所は、朝9時からオープンで品物がなくなり次第、閉店となります。




それぞれの野菜には生産者が誰か分かるように生産者固有の色分けテープが付いているので、お気に入りの生産者ができるのも直売所の魅力のひとつです。新鮮でおいしい野菜や卵を求めに外来患者さんや職員が直売所に集まり、生産者の方と直接顔を合わせ話ができる関係になります。

地場野菜の宝船展示

毎年、お正月には病院玄関ホールに野菜を飾った豪華な宝船が展示されます。その年の豊作を願い、JA相模原市旭支店野菜直売部会の生産者の方々から贈られます。新年の病院ホールは、みずみずしい野菜で溢れ患者さんの目を楽しませていただいております。

神奈川県環境保全型農業推進にかかる協定書

“JAアサヒアグリ”は生産者団体として環境保全型農業に取り組んでいますので、入院中の患者さんに安全でおいしい地場野菜を提供することができます。どうぞ安心してお召し上がりください。


環境保全型農業とは?

農業の持つ物質循環機能を生かし、有機物の土壌還元による土づくりと肥料・農薬を30%削減などによる環境負荷の低減に配慮した持続可能な農業です。

JAアサヒアグリの農業は・・・・・

JAアサヒアグリは環境保全への技術を積極的に導入し化学肥料や農薬の使用量の削減に努めています。化学合成された農薬と化学肥料の使用量を減らすために、堆肥その他の有機質資材を使用した土づくりに努め、県が定める「環境保全型農業栽培の手引き」に準じた栽培方法を実践しています。

有機資源のリサイクルによる土づくり

―家畜ふん尿・野菜くず・稲わら・もみ殻などを使用した土づくり

肥料・農薬などの資材の適正使用

―作物に吸収されないで環境中に流れている資材は減らす

環境にやさしい防除

―病害虫の発生状況に応じた防除に努める。フェロモン剤・天敵・拮抗植物(マリーゴールド、エンバクなど)化学農薬に替わる防除方法を導入する

取組作物名(8品目)
じゃがいも、人参、大根、里芋、サツマイモ、白菜、キャベツ、タマネギ

生産者紹介

地産地消で地場野菜を納めていだだいている「JAアサヒアグリ」の4人の生産者の方をご紹介します。相模原協同病院は、患者さんの食卓へ提供している食材のルーツがわかっているからこそ、おいしさと安全性に自信をもっております。

比留間 正夫さん(市内橋本在住)

主な納品野菜 : 白菜 、きゅうり 、里芋 、じゃが芋 など


比留間さんは、“JAアサヒアグリ”設立時の代表であり、生産者と病院の架け橋を務めてくださっています。専門学校を卒業後、20年間サラリーマンをされていましたが、42歳の時に奥様の家業である農業を後継されたのが農業との出会いです。男の子ばかり4人のたくましいお父さんで趣味はスポーツ。横浜ベイスターズの後援会長も務めたほどの野球好きで、プロ野球選手との交友も広くとても社交的な方です。

内田 善知鳥(やすかた)さん(市内宮下在住)

主な納品野菜 : トマト 、人参 、きゅうり 、大根 など


内田さんは、“JAアサヒアグリ”の顔であり、分からない時や困った時に頼りになる農業指南役です。高校を卒業後、3年間、会社勤めをされていましたが、22歳の時に脱サラし家業の農業に転職されました。自分の作物には全て自信を持っているという内田さんは、いち早くトマト、きゅうり、薩摩芋、大和芋、人参、里芋についてエコファーマー認定を受け低農薬で安全な環境保全型農業に取り組んでいました。“アグリ”の「環境保全型農業」への挑戦は内田さんの提案 だそうです。農業をこよなく愛する内田さんの丹精込めて育てられた作物は、病院前直売所、イトーヨーカドー橋本店・古淵店へ出荷されていますので、是非一度、お味見されては如何でしょうか?

松本 庄一さん(市内清新在住)

主な納品野菜 : 小松菜 、大根 、かぶ 、人参 、キャベツ 、里芋 など

温厚な人柄で柔和な笑顔が素敵な松本さんは、“JAアサヒアグリ”の「癒し系ファーマー」です。高校を卒業後、会社勤めをされていましたが、29歳の時に 脱サラし家業の手伝いを始めたのが農業との出会いです。松本さんは、お父様が得意とされていた大根、蕪に加え、小松菜の生産を手がけ、今では小松菜が松本 さんの代名詞になっています。お父様の確かな技術をしっかりと後継され、愛情込めて育てられた「松本さんの小松菜」は直売所でも大人気です。松本さんのお いしい野菜は、病院前直売所とJA相模原市旭支店直売所へ出荷されていますので、是非一度「松本さんの小松菜」をお味見されては如何でしょうか?

小山 昌悟さん(市内清新在住)


主な納品野菜 : トマト、じゃが芋、さつま芋、玉ねぎ、大根など


いつも明るく朗らかな小山さんは、“JAアサヒアグリ”の若手ナンバー1です。体を動かすことが大好きでカーリング、オートバイ、ボートと趣味も多彩。中 でもカーリングは「アグリエイト」チームに属し週2回の練習や試合にかなり熱が入っています。県立農業大学校を卒業後、20歳から農業に就き、現在は直売 所活動を中心に行う専業農家です。トマト、薩摩芋、じゃが芋、玉ねぎなどが主要作物ですが、トマトについては早くからエコファーマー認定を受け低農薬で安 全な環境保全型農業に取り組んでおられました。小山さんの丹精込めて育てられた作物は、病院前直売所、イトーヨーカドー小田急相模原店へ出荷されています


援農・・・畑に行ってきました


JAアサヒアグリ共同農場

“アグリ”は、それぞれの個人生産のほか、病院への地場野菜の安定供給と生産者間の規格の均一化、品質の均一化を目指して“JAアサヒアグリ共同農場”で大量共同生産を行なっています。

援農・・・栄養士・調理師が農作業のお手伝い

種まき 平成25年8月

栄養士がアグリ共同農場を訪ね、大根の種蒔きのお手伝いをしてきました。
マルチが張られている穴に大根の種を蒔き、土を被せ、その周りを網で覆う作業を体験してきました。残暑が厳しい日で、農作業の大変さを感じるとともに、自分たちの植えた大根が収穫できる日を想像するととても楽しみな気分でした。


収穫 平成25年11月

11月、アグリ共同農場へ大根の収穫に行ってきました。自分たちの手で8月に蒔いた種が立派な大根に成長しており収穫できる喜びを感じました。
このように栄養室のスタッフが生産した新鮮な大根が入院患者さんの食卓に運ばれていきます。