栄養室

入院中の食事・栄養管理

入院患者さんのお食事について

入院中のお食事は、治療の一環として患者さんの病状や体格に合わせた、個人ごとに適したお食事を、安全においしく召し上がっていただけるよう努めております。

お料理について

お食事は、洗浄、仕込み、調理、配膳まで、全工程を当院の職員が担当する病院直営給食です。季節感を盛り込んだメニューをふんだんに採り入れ、調理済み食 品の使用を出来るだけ控え手作り料理にこだわっております。また、地産地消に取り組んでおり、低農薬の相模原の地場野菜を毎日使用しております。

食事時間について

朝食:8時、昼食:12時、夕食:18時を目処に配膳いたします。

選択メニューについて

一般常食の患者さんを対象に、毎食選択メニューを実施しております。主菜の異なる2種類のフルセットメニュー(A食・B食)からお好きなメニューをお選びください。

・選択メニューによる患者さんの料金負担はありません。
・メニューを選択されない場合は、基本メニューのA食をお出しいたします。
・ 朝食は、和食セットとパン食セットからどちらかをお選びください。
・ 昼食・夕食は、主菜が肉か魚かなど異なる料理の選択となります。
・ 選択メニューのアンケート用紙は週2回(火・木)配布いたします。
 イメージがしにくいメニューについては、写真つき献立表が病棟に掲示してありますのでご覧ください。

一日の選択メニュー例

A食


B食

 

箸・スプーン・フォークなど食事サービスについて

お食事を召し上がる際のお箸やスプーン・フォークなどは病院でご用意しております。また、患者さんの身体状況により、通常の食器では摂食が困難な場合は、自助食器や自助スプーン・フォーク にて提供するご用意がございます。


バースデーメニューについて

イベントメニュー(行事食)について

入院患者さんの栄養管理について

入院された患者さんの治療がより有効に達成できるよう、管理栄養士が栄養評価を行い、患者さん個々に合った食事・栄養の提供を目指しております。

患者様の栄養管理は、医療チーム(NST)が設立されています。

当院では、患者さんの栄養状態を上げるために、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士などが有機的に連携し、各々の知識や技術を出し合い、最良の方法で栄養支援するチーム(NST)が設立されております。

患者様に合わせた食事

当院では、患者さん個々の病状や栄養状態に合わせた食事を提供するため、約170食種の食事をご用意しております。その他食事についてお困りのことの解決に向けて、個人対応もお受けいたしております。

たとえば

食欲不振の方には ハーフ食
治療や手術などにより食欲低下が発生した場合には、食事を半分に減らした「ハーフ食」で対応し、不足栄養量を補うため、お好みの濃厚流動食をお付けいたします。

栄養補助食品の付加
栄養補給を目的にした少量飲み切りサイズ(125ml)で高濃度、高エネルギー栄養食を各種揃えております。

嚥下障害の方には 嚥下食
患者さん個々の嚥下機能を評価して段階的に食事アップしていきます。
嚥下開始食 → 嚥下Ⅰ食 → 嚥下Ⅱ食 → 嚥下Ⅲ食

お子さんには 食べやすいよう工夫した幼児食