お知らせ

病院長から地域の皆さんへ(診療正常化についてのお知らせ)

 相模原地区のコロナ発生は下火になりました。日本政府も緊急事態宣言の解除を行いました。まさに今、社会活動を再開する時です。相模原協同病院でも新型コロナとの共存下での医療活動正常化を目指しています。ニューノーマルの日常では、新型コロナウイルスのリスクを念頭に置きながら活動を再開しなければなりません。

 
 相模原協同病院では、1月の新型コロナウイルス患者の受け入れから5か月におよぶCOVID-19への対応を通じて、多くの経験の蓄積があります。この経験を生かして、いかに市民の皆様が安心して医療を受けることができるかを常に検討しています。


 まず、当院を受診する市民の皆様に安心していただけるように、毎日職員の健康観察を施行することはもちろんですが病院内の消毒確認を徹底しており、現在のところ院内感染を認めていません。

 また、入院される市民の方が知らない間に罹患していた可能性もありますので、PCR、抗原検査、抗体検査など使用できるツールを安心安全の医療のために最大限活用して適切に判断させていただいています。

 
 さらに、自らが知らない間に罹患したかどうか確認したい市民の方のご希望も多いようですので、相模原協同病院では抗体キットを用いてご希望に応じることにいたしました。このキットは当院ですでに多くの新型コロナウイルス患者に使用して精度を確認済みのものです。すべての抗体キットは研究用としてのみ流通しているため保険診療では用いられませんので自由診療で行います。

 
 皆様からのご支援や激励の声が多数寄せられております。この場をお借りして御礼申し上げます。「新型コロナに対するノウハウが豊富な相模原協同病院なら安心して医療を受けることができる」との皆様方からのご期待に沿えるように、職員一同頑張りますので引き続き暖かく見守っていただければと存じます。

抗体検査の精度にご興味ある方はこちらのリンク先をご覧ください。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.06.13.20130070v1