初期臨床研修プログラム

初期臨床研修プログラム

当院は、基幹型臨床研修病院です。当院の研修目標は、地域中核病院の利点を生かして、救急医療を含む基本的診療の出来る医師になることです。基本的診療能力をつけるために、3ヶ月間(うち、1ヶ月は当番制)の救急部門以外に、内科(腎、消化器、呼吸器、循環器、および総合内科)、外科(消化器、脳神経外科)、麻酔科、地域医療を必修科目として設定しました。厚労省の必須および選択必修科目のうち、精神科については、協力型臨床研修病院である北里大学東病院での研修としており、その他は当院必須科目でクリアしています。10ヶ月の自由選択期間を設定し、将来を見据えた研修を希望する研修医のニードにも対応しました。自由選択期間は、当院の必須科を含め、すべての科を選択することが可能です。研修開始後に、プログラム責任者や将来の希望科の責任医師等と相談し、各自にあったコース設定をします。

一例を、下に提示しましたので参考にしてください。

研修プログラムスケジュール(例)
A 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 選択
2年次 選択

相模原協同病院臨床研修プログラム責任者

臨床研修管理委員長 相模原協同病院 循環器センター長 相澤 達
プログラム責任者 相模原協同病院 循環器センター長 相澤 達
プログラム副責任者 相模原協同病院 消化器外科副部長 藤平 大介
内科 相模原協同病院 総合内科部長 鎌田 智彦
相模原協同病院 呼吸器内科副部長 新谷 栄崇
相模原協同病院 血液浄化センター長 柴原 宏
相模原共同病院 循環器センター長 相澤 達
相模原協同病院 消化器病センター長 荒木 正雄
外科 相模原協同病院 脳神経センター長 梅沢 武彦
相模原協同病院 統括部長兼外科部長 保刈 岳雄
麻酔科 相模原協同病院 副院長兼麻酔科部長 橋本 光三
ICU・手術科 相模原協同病院 ICU・手術科副部長 高野 俊博
救急科 相模原協同病院 救急科部長 荒木 正雄
小児科 相模原協同病院 小児科部長 中村 信也
産婦人科 相模原協同病院 産婦人科部長 水谷 美貴
病理・臨床検査科 相模原協同病院 検査科部長 風間 暁男
放射線科 相模原協同病院 放射線科部長 岡本 英明
整形外科 相模原協同病院 整形外科部長 荒武 正人
泌尿器科 相模原協同病院 泌尿器科部長 宇都宮 拓治
形成外科 相模原協同病院 形成外科部長 山田 直人
呼吸器外科 相模原協同病院 呼吸器病センター長 安彦 智博
眼科 相模原協同病院 眼科部長 三井 正博
耳鼻咽喉科 相模原協同病院 耳鼻咽喉科部長 猪 健志
心臓血管外科 相模原協同病院 心臓外科部長 吉武 勇
精神科(協力型臨床研修病院) 北里大学病院、北里大学東病院
地域医療 佐渡総合病院海邦病院

プログラムの管理体制

本プログラムの運営にあたり、各科プログラム指導者は作成したプログラムを研修管理委員会に提出し承認を得る。各プログラム指導者はスタッフおよびプログラム責任者と連絡をとり運営を行う。緊急に解決等を要する場合は臨床研修管理委員会を招集して解決する。

必修科目

内科
(循環器・消化器・呼吸器・腎臓)
6か月 総合内科 1か月
外科 2か月 救急 2か月
麻酔科 2か月 地域医療 1か月

自由選択科目

自由選択期間(10ヶ月)内に、院内すべての科から選択可能です。

定員

1年次10名を予定している。

選考方法

募集方法は公募であり、マッチングに参加する。応募に必要な書類は

  1. 履歴書
  2. 卒業(見込み)証明書
  3. 成績証明書
  4. 希望試験日・マッチングID(様式自由)

選考方法は①面接と、②小論文です。

教育に関する行事

研修開始時にオリエンテーションを実施し、相模原協同病院の規程ならびに医事法規等の解説、保険診療や麻薬取り扱いについて講習を行う。

研修医の発表の場として年2回開催される相模原協同病院・院内学術集会で発表してもらう。院内の研修セミナーは月1回の相模原地域医療研修会、年2回~4回の各科の研究会・セミナーが開講されており、各科のプログラム参照。

国外・国内の学会・研究会の参加は研修プログラム責任者の認可のもとに出向してよい。尚、学会の手当は年1回参加費用が支給される。

評価

研修科目の評価方法は研修開始時に配布する研修手帳に研修状況を記録し、到達目標の有無を判断すると共に指導医の申告並びに自己評価をチェックして研修管理委員会が判断する。

プログラムの終了認定

研修管理委員会の最終判定を基に病院長がプログラム終了者に対して、修了証書を発行する。

プログラム終了後のコース

2年間の研修終了後は後期研修プログラムに進むことができる。