がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院について

全国どこでも質の高いがん医療が受けられるように、
厚生労働大臣が指定した、がん診療の中心となる施設です。

当院は平成18年8月に『がん診療連携拠点病院』として承認を受けております。全国どこでも質の高いがん医療を受けることができる体制を整備するために平成18年に『がん診療連携拠点病院』制度が設けられました。抗がん剤治療の専門知識をもつ医師が1人以上いるなど、国が定めた要件を満たした病院を指名する制度です。

役割としては、大きく以下の3点が上げられています。

  • 手術や放射線治療、化学療法などを効率的に組み合わせた専門的ながん治療を提供する。
  • 地域のがん診療連携体制の構築です。そのために診療所や一般病院への診療支援や研修を行なうほか在宅医療との連携も推進をする。
  • 相談支援センターを設置し、国立がんセンターがん対策情報センターが提供する情報等をもとに患者・家族の相談支援や適切な情報提供を行なうことです。

がん診療連携拠点の役割

専門的ながん治療
抗がん剤治療の専門知識を持つ医師が在籍。手術や放射線治療、化学療法などを組み合わせた専門的な治療を提供します。
連携体制の構築
地域のがん診療連携体制を構築するため、診療所や一般病院への診療支援や研修を実施。在宅医療との連携も推進します。
相談支援センターの設置
国立がんセンターがん対策情報センターと連携し、がん専門看護師が患者さまとご家族の相談支援や適切な情報提供を行います。