調べる
close

外来受付時間

月~金 8:00~11:30

8:00~11:00

※診療科によって受付時間は異なります。詳しくはこちらからご確認ください。

休診日

日曜祝日、第3土曜日
年末年始(12月30日~1月3日)

面会時間

面会可能時間 13:00~16:00(受付は15:45まで) 
※面会の条件があります。詳しくはこちらからご確認ください。

代表電話

042-761-6020

行き方を調べる( googlemapに移動します )

〒252-5188 神奈川県相模原市緑区橋本台4丁目3-1

診療に関して調べる

ホームページ内を調べる

名誉院長ごあいさつ

名誉院長の写真

神奈川県厚生農業協同組合連合会
代表理事理事長
相模原協同病院 名誉院長

高野 靖悟

地域のみなさまの健康を守り続けます

神奈川県厚生農業協同組合連合会 代表理事理事長及び相模原協同病院 名誉院長の高野です。


相模原協同病院は2021年元旦より新病院として動き始めました。新築移転事業において、長きにわたりご支援賜りましたこと厚く御礼申し上げます。


新型コロナウイルスとの闘いは続いておりますが、相模原北部医療の中心的役割を果たすため、医療の質を一層向上させ、新たなステージへと進んでまいります。地域住民のみなさまが引き続き安心し、健康に過ごせる医療の場となるよう、職員全員で目指してまいります。


さて、終戦間際の物資の困窮していた昭和20年8月、この地で産声をあげた相模原協同病院。この地の無医村解消のために開設され、戦後日本の歴史と共に歩んで参りました。


わずか20床という小規模だった病院も現在は400床という規模にまで成長することができました。


こうしてここまでこられたのも、その時代時代の先人達がこの病院を必死で守ってきたからです。さらに、この先の100年を目指して、我が相模原協同病院の魂は、時代と共に受け継がれて行くと思います。そして、何よりも地域住民のみなさまの支えがあったからこそです。改めて心より相模原市民のみなさまに感謝の意を表します。


引き続き、神奈川県厚生農業協同組合連合会代表理事理事長として医療・保健・福祉事業の総合的事業全体を統括し、地域住民のみなさまの健康を守って参る所存です。また、名誉院長としてこれまで通り外来診療には携わり、相模原市民のみなさまが安心して暮らせるよう尽力してまいりますので、今後ともさらなるご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

病院長ごあいさつ

名誉院長の写真

病院長

井關 治和

これからも安全・安心な医療を提供します

相模原協同病院 病院長の井關です。相模原協同病院は昭和20年に橋本駅近くに開設された創立77年を迎えた病院です。長年橋本駅前の利便の良い場所で地域医療に取り組んできましたが、老朽化と狭あい化が進み昨年1月に駅から2kmほど離れた地に移転いたしました。駅からやや離れた場所となり外来通院などに何かとご不便をおかけいたしておりますが、なにとぞご容赦頂ければと存じます。


新築移転をいたしましてはや一年半が過ぎました。その中で新型コロナ感染症との闘いも3年目となりましたが、なかなか終息の気配が見えません。しかし、幸い現在まで当院では相模原北部の基幹病院として地域医療に邁進しております。当院がこのように元気に頑張ることができておりますのも、県下JAの皆様方のご理解とご支援、相模原市内医療関係各位のご協力及び相模原市民の皆様のご支持の賜物でございます。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。 新病院では、24時間対応の脳卒中センター・循環器センターから相模原市内科・外科2次救急まで各種救急事業に積極的に協力しております。昨年度、救急車搬入件数は7,500台を超え、脳外科、循環器内科ともに市内首位の救急受け入れ数をこなしました。


また今年度は皮膚科が本格的に再開いたしました。1年間皮膚科治療におきましてご不便をおかけいたしましたがご利用いただければ幸いです。脊椎疾患につきましても半年ほど中断しておりましたが、脳脊髄外科で治療を再開いたしました。ハイブリット手術室を使った安全で正確な治療を心がけておりますので是非ご利用ください。


相模原北部は西に広大な津久井地区を有する緑区が中心です。当院はこの地の中核病院としてさまざまな患者様に対応できるように努力をしており、市内の2次救急医療にも積極的にご協力してまいりました。今年度は天災等が発生しやすい津久井地区に隣接していることも勘案いたしまして、緑区でのER型救急として3次救急まで対応できるような救命センターを目指し、お一人でも多くの方を救命できますように鋭意努力をいたす所存でございます。今後ともご支援とご理解のほどよろしくお願いいたします。

トップ戻る