外来化学療法センター

はじめに

チームで、各々の専門性を生かし
強力し合いながら安全で質の高い医療を提供します

外来化学療法の普及により患者さんが日常生活を送りながら治療を受けられるため自分のライフスタイルを保てるようになりました。これは、さまざまな薬物療法が開発され、制吐剤などの副作用対策が進歩したためです。

当院では患者さんがこのようながん化学療法を安心して受けられるように平成14年8月より外来化学療法センターを開設しました。ベッドの数はリクライニングチェアー6台と治療用ベッド4床があり、患者さんの体調に合わせて選ぶことが可能となっています。全てのベッドにはテレビや冷蔵庫、またセンター内には自由にご利用できる雑誌や本、洋式トイレや手洗い場を備えています。また患者さんがリラックスして治療を受けることができるように、常に音楽を流しています。

ここでは様々な診療科がこのセンターを利用し、各科全ての処方を薬剤師が監査し、安全で無菌的に調製しています。当院では、医師、薬剤師、看護師などがチームを作り、各々の専門性を生かして協力し合いながら安全で質の高い医療を提供できるように心がけています。

  • 入口

    入口

  • リクライニングシート

    リクライニングシート

  • シート4列

    シート4列


スタッフ

室長
船津健太郎(消化器病センター外科部長)
常駐スタッフ
臼井美和(がん化学療法看護認定看護師)
外来看護師 4名 各科外来担当医師

がん薬物療法の実績

治療当日の流れ

  1. 再来機で各科外来の受付をしてください。(検査のある方は10時までにお願いします)
  2. 当日採血がある場合はまず採血を済ましてください。(あらかじめ検査予約がされています)
  3. 検査結果が出た後、各科の外来で主治医の診察を受けていただきます。
    (検査の結果や当日の体調の具合で本日の治療が可能であるか判断をします)
  4. 外来化学療法センターに移動していただき、主治医より点滴の針を刺した後、点滴を開始します。
    (主治医の判断後に薬剤が準備されるので治療開始までセンター内で休んでお待ちください)

注意事項

  1. 治療室での飲食は可能ですので昼食や飲み物はご持参ください。
  2. 治療開始後気分が悪くなったり、何か変わったことがありましたらナースに声をかけてください。
  3. アルコールが含まれている薬剤(タキソール、タキソテール)があります。お酒を飲むと具合が悪くなったりすぐ赤くなる方は前もって主治医に御相談してください。この薬剤の点滴を受けた方は帰宅時の自動車の運転は控えてください。

治療終了から帰宅後の注意点

次のような症状がある場合は主治医または受診科外来、化学療法センターまでご連絡ください。(夜間は当直対応となります。)

  1. 帰宅後全身に発疹が出現した場合
  2. 吐き気や嘔吐が強く2~3日ほとんど食事や水分がとれない場合
  3. 点滴後、38℃以上の発熱が2日以上続く場合
  4. 点滴した部分の皮膚に発赤や水ぶくれや痛み、潰瘍ができた等の場合
  5. その他、点滴後に通常ではない症状が出現した場合

治療終了から帰宅後の注意点

抗がん剤の副作用で脱毛が起こる場合は、一般的に投与開始から2~3週間で脱毛が始まるとも言われています。(薬剤の種類や個人差によっても異なります)特に女性にとって精神的ダメージも大きく、脱毛による気持ちの負担をやわらげる方法の一つにウイックがあります。当院ではウイックのサンプルを展示し、実際手に取り、見ていただくこともできます。また各種業者のリーフレットも兼ね備え、ご相談にも応じます。どうぞ気軽にお声をかけてください。お待ちしております。

患者さんへのタオル帽子配布のご案内

抗がん剤の副作用などで脱毛に悩むがん患者さんむけに「岩手ホスピスの会」より当院へ手作りの帽子をいただくことができました。化学療法室にウィックと共に展示しております。帽子は無料でお渡ししていますので、ご希望のかたは化学療法室看護師、患者総合支援センター・がん相談支援センターにお声かけください。数に限りがございますのでご了承ください。

お問い合わせ

各疾患の外来化学療法については各科担当医師へお問い合わせください。ご質問等は外来化学療法センター(内線1126)または患者総合支援センター・がん相談支援センター(内線2154)までお気軽にお問い合わせください。(午後2時から午後4時までにお願いします)

当センターは安心・安全な治療を患者さんに提供できるように心がけていきます。何かご意見、ご感想があれば遠慮なく御申しください。これからも最新の化学療法の提供に努め、センター内の環境整備に努めていきます。