お知らせ

病院長から地域の皆さんへ(相模原市の現状について)


緊急事態宣言が発令されましたが、首都圏の感染の勢いは止まっていません。皆さんも不安に感じていると思います。「彼を知り己を知れば百戦殆からず」と言いますので現在の相模原市の現状を右図で評価しました。
上図は相模原市、神奈川県、東京都、北海道の10万人あたりの累積感染者数を表しています。相模原市は2月が大変だったのですが3月に入って小康状態になりました。ただし最近東京の影響で増加気味です。一方で神奈川県や東京都は最近加速的に増加しています。感染がアウトブレイクすると指数学的に増加すると言われているので下図に対数値を出してみました。指数学的に増加(市中感染状態)では一次関数的に増加するはずです。
神奈川県と東京は最近直接的に増えています。東京都はその傾きが急です。ともに危険な「指数学的増加」です。傾きが緩くなるまで危険であり緊急事態宣言は続くと思います。相模原市は北海道とともに3月中旬からかなり安定しているようです。市中感染は相模原市と保健所の努力で抑えこめているようです。しかし東京や神奈川県他地域からの持ち込みが危惧されます。
皆さん一人一人が手洗いを徹底することが現状では一番大切であることです。