お知らせ

後期高齢者の窓口負担が見直されます(令和4年10月1日より)

後期高齢者の医療費の窓口負担割合の見直しについて

令和4年10月1日から、75歳以上の方等で一定以上の収入がある方は、医療費の窓口負担が2割になります
 被保険者証の有効期限にご注意ください!
 ご自身の負担割合が2割となるかについては、令和4年9月頃に後期高齢者医療広域連合または市町村
 から、令和4年10月以降の負担割合が記載された被保険者証が交付されます。
 10月1日以降にご受診される際は、新しい保険証をご持参ください。窓口で確認いたします。

窓口負担割合が2割となる方には、負担を抑える配慮措置があります
 令和4年10月1日から令和7年9月30日までの間は、2割負担となる方について、1カ月の外来医療の
 窓口負担割合の引き上げに伴う負担増加額を3000円までに抑えます。※入院の医療費は対象外です。

 詳しくは、以下のリンク先ホームページをご覧ください。