整形外科

スポーツ外来

スポーツ外来について

近年健康増進のためにスポーツはますます盛んになってきています。スポーツではいろいろな整形外科的疾患を生じることがあり、これらはスポーツ外傷とスポーツ障害に大きく分けることが出来ます。スポーツ外傷とはスポーツ中に起こったケガのことで、スポーツ障害とはスポーツを繰り返して行なうこと(つまり使いすぎ)で生じてくる身体の障害です。
スポーツ外来では、こうしたスポーツに関連したさまざまな整形外科的なトラブルに対し、スポーツ整形外科専門医がご相談にのり、適切な診断、治療、アドバイスをさせていただいております。
現在、小中高生・大学生の部活動スポーツ選手を中心に、プロスポーツ、実業団スポーツ選手から趣味としてのスポーツを行っている方まで多くの患者さんが通院されています。
スポーツが原因のケガや慢性的な痛みなどで悩んでいらっしゃる方は、一度受診をお勧めします。

主な対象疾患

肩関節
 •反復性肩関節脱臼・亜脱臼
 •腱板断裂、インピンジメント症候群
 •投球肩関節障害(野球肩:関節唇損傷など) など


肘関節
 •野球肘(離断性骨軟骨炎、関節遊離体)
 •テニス肘 など


手関節、手
 •三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷
 •有鉤骨鉤突起骨折
 •手舟状骨骨折 など



 •膝靭帯損傷(前十字靱帯、後十字靱帯、側副靱帯の損傷)
 •半月板損傷
 •関節軟骨損傷、離断性骨軟骨炎 など


足関節・足部
 •足関節部の骨折
 •足関節靭帯損傷
 •関節軟骨損傷(離断性骨軟骨炎)
 •アキレス腱断裂、腓骨筋腱脱臼
 •第5中足骨疲労骨折(ジョーンズ骨折) など


骨盤・下肢全般
 •骨盤疲労骨折
 •上下前腸骨棘剥離骨折
 •大腿・下腿筋肉離れ
 •下腿疲労骨折 など


腰部疾患
 •腰椎分離症
 •筋膜性腰痛症 など


治療からスポーツ復帰へ

治療は疾患により異なるのは当然ですが、可能な限り、まず保存治療(手術をしない治療法)を考慮します。疾患に応じて、スポーツ医学に精通した理学療法士が独自の手法を用いて、筋力訓練や筋肉ストレッチング、関節の動きの改善など行います。スポーツ障害では、痛みのある部位ばかりでなく、障害の原因となっている要素が存在する場合が多く(たとえば下半身の関節が硬かったり投球フォームが悪かったりすることで生じる投球障害肩や、足の変形で膝、下腿などに問題を起こすなど)、その根本的な原因をなくすような指導、治療を行います。
保存治療を行っても症状が改善しない場合は、手術的治療が考慮されることもあります。近年、関節鏡を使った手術(最小侵襲手術:手術の傷が小さく、機能回復も早い利点があります)が行われており、当院でも膝、肩関節を中心に積極的に行っております。
通常の整形外科疾患では、日常生活が可能になった段階で、治療が終了しますが、スポーツ外傷、障害では、さらに受傷前の筋力回復やプレーできるコンディションづくりが必要となります。こうした意味でアスレチックリハビリテーションが必要になるわけで、当院では、筋力や関節不安定性の回復を定量的に測定してスポーツ復帰に役立てています。

受診について

スポーツに熱中しているときは、身体の障害に対して、ついつい放置しがちです。スポーツ障害が長引くと、永続的な障害を残すこともあるため、早めに専門医にご相談下さい。
なお専門外来であるため、スポーツ外来では初診受付はしておりません。まず午前中の一般外来にて当外来の予約をお取り下さい。

渡辺 大樹
整形外科・医長
日本整形外科学会専門医 
日本スポーツ協会認定スポーツドクター
日本整形外科スポーツ医学会会員
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)会員
日本肩関節学会会員


菊池 雄斗
日本整形外科学会会員

大迫 千香
日本整形外科学会会員
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)会員