薬局

ご案内

薬局では、外来・入院調剤、注射薬調剤、抗がん剤・高カロリー輸液の注射薬無菌調製、さらに医薬品の品質管理や情報の収集など、様々な業務を行っています。また、ファーマシューティカルケアの実践として薬剤管理指導をはじめとした病棟活動、薬物血中濃度測定に基づく抗MRSA薬の投与設計、および院内感染や栄養サポート、緩和ケアなどのチーム医療にも積極的に参加することで、医療の質の向上に貢献し安全で効果的な薬物治療を提供できるよう日々業務に取り組んでいます。

基本理念

チーム医療の実践と安全な薬物治療の提供

スタッフ

常勤薬剤師   36名
非常勤薬剤師   5名
薬局事務      6名

主な認定資格

がん薬物療法認定薬剤師 3名
感染制御認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士 1名
NST専門療法士 1名
小児薬物療法認定薬剤師 1名
認定実務実習指導薬剤師 3名
日病薬認定指導薬剤師 9名
認定スポーツファーマシスト 1名

業務概要

調剤業務
医師の処方せんに基づき、記載内容や投与量、相互作用などを確認しお薬を調剤しています。入院患者さんの注射薬は投与経路や投与速度、配合変化などを確認し、個人ごとにセットして病棟に払い出しています。

注射薬無菌調製
外来化学療法センター及び各病棟で点滴治療に使用する全ての抗がん剤は、薬局内のクリーンルームで無菌的に調製しています。また高カロリー輸液などの中心静脈から点滴される輸液についても薬剤師が無菌的に調製しています。

医薬品情報(DI)業務
医薬品が安全かつ適切に使用されるよう、情報を収集・評価し、医師、看護師などの医療従事者や患者さんに提供しています。

病棟業務
入院患者さんに安全で効果的な薬物治療が提供できるよう、薬歴、副作用・アレルギー歴などを確認し服薬指導を行なっています。また抗MRSA薬について有効性と安全性の確保のためTDMを実施し投与設計を行なっています。

医薬品管理
薬局内だけでなく病棟や各診療科、手術室などに在庫されている医薬品についても在庫、有効期限・保管などの管理を薬剤師が行なっています。

チーム医療
感染対策・がん化学療法・緩和ケア・栄養サポート・医療安全など様々なチーム医療に参加し、医薬品の適正使用や医療安全対策に取り組んでいます。