リハビリテーション室

ご案内

当リハビリテーション室では、相模原地域の中核病院として、地域における健康増進、地域保健福祉の増進に寄与することを目標としています。そのため、対象となる患者さんは、脳血管疾患や整形外科疾患、循環器疾患や呼吸器疾患、悪性腫瘍、小児科疾患など多岐に渡っています。
急性期の患者さんへ積極的なリハビリテーション(リハビリ)を行っており、医療安全に留意し、早期離床・早期リハビリを実施しています。また、外来リハビリにも力を入れており、スポーツ整形や骨折後などの運動器疾患の患者さんや、心筋梗塞や冠動脈バイパス術後などの心臓リハビリの患者さんが多く通われています。患者さん一人ひとりにとって安全で質の高いリハビリを提供できるように、他科と十分な連携を取って治療を行っています。
また、地域医療支援病院として、近隣病院との地域連携を充実させることで情報共有を円滑に行い、地域に根ざしたリハビリを心がけています。

基本理念

高いプロ意識で患者満足度を第一に


【基本方針】
 (1)医療安全に留意して評価治療に従事すること。
 (2)質の高いリハビリテーションを提供できるよう努力すること。
 (3)インフォームド・コンセントを徹底し、患者・家族が納得のいくリハビリテーションを実施すること。


スタッフ

理学療法士21名
作業療法士6名
言語聴覚士5名(うち非常勤1名)
助手8名(嘱託職員含む)

主な認定資格

日本理学療法士協会専門理学療法士(内部障害1名、運動器1名) 
日本理学療法士協会認定理学療法士(呼吸1名、循環1名、脳卒中1名、スポーツ2名、運動器1名)
呼吸療法認定士 3名
心臓リハビリテーション指導士 3名
介護支援専門員 2名
NST専門療法士 1名

施設基準

•脳血管等リハビリテーション(Ⅰ)
•運動器リハビリテーション(Ⅰ)
•呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
•心大血管リハビリテーション(Ⅰ)

業務概要

当院のリハビリテーション室は以下の3部門にて運営しております。

(1)理学療法(Physical Therapy:PT)
主にストレッチや筋力強化、および起居動作や歩行を中心とした動作訓練を実施します。さらに、これら運動療法に加え目的に応じて物理療法も併用します。主な対象は脳卒中、整形疾患(骨折、スポーツ外傷、人工関節等)、心臓疾患(心筋梗塞、心蔵血管外科術後等)、呼吸器疾患です。

(2)作業療法(Occupational Therapy:OT)
身体・精神機能に障害のある方に対し、日常生活で必要な食事や更衣動作、家事動作などが円滑に行なえるよう作業や手工芸を通じて訓練を行ないます。主な対象は脳卒中、整形疾患(上肢骨折・リウマチ)です。また、高次脳機能障害(記憶・注意力低下など)に対して評価ならびにリハビリテーションを実施しています。

(3)言語聴覚療法(Speech Therapy:ST)
主に脳卒中後に合併することが多い「言いたい言葉がうまく出てこない」「なめらかに話せない」という言語障害に対する言語訓練や、「食べ物がうまく飲み込めない」「むせる」などの嚥下障害に対して嚥下訓練を行ないます。また、小児のことばの訓練も行なっています。

主な専門分野

当院のリハビリテーション部門は、脳卒中チーム、運動器チーム、循環・呼吸器チームで構成されており、専門的なリハビリが提供できるように日々研鑽しております。