調べる
close

外来受付時間

月~金 8:00~11:30

8:00~11:00

※診療科によって受付時間は異なります。詳しくはこちらからご確認ください。

休診日

日曜祝日、第3土曜日
年末年始(12月30日~1月3日)

面会時間

面会可能時間 13:00~16:00(受付は15:45まで) 
※面会の条件があります。詳しくはこちらからご確認ください。

代表電話

042-761-6020

行き方を調べる( googlemapに移動します )

〒252-5188 神奈川県相模原市緑区橋本台4丁目3-1

診療に関して調べる

ホームページ内を調べる

研修会などの取り組み

2022年10月23日 令和4年度緩和ケア研修会を開催しました

これは当院が神奈川県の指定する地域がん診療連携拠点病院であることから、年1回以上開催が義務付けられているものです。
今回は当院の研修医18名の他、院内及び県内外の医師、また院内および近隣医療機関の看護師を含めて計34名が受講し、全員が無事修了することができました。
これにより当院所属医師の修了者は現時点で85.83%となりました。
また、講師・ファシリテーターも院内のみならず、県内複数の医療機関からご協力いただきました。
当院ではこうした活動も併せて、院内と地域における緩和ケアの充実と互いの顔が見える関係の構築に寄与してまいります。

緩和ケア研修会について

2017年がん対策基本法の改正に伴い、がん対策基本計画では、「緩和ケア研修会をとおして、がん等に診療に携わる全ての医療従事者が、基本的な緩和ケアについて正しく理解し、緩和ケアに関する知識や技術、態度を習得する」ことが求められています。
相模原協同病院ではがん診療連携拠点病院として、厚生労働省の開催指針に沿った緩和ケア研修会を開催いたします。奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催スケジュール

主 催 神奈川県厚生農業協同組合連合会 相模原協同病院
日 時 2022年10月23日(日) 8:30~17:00(予定)
会 場 相模原協同病院 2F 多目的ホール
募集人数 30名(予定)
申込期間 2022年7月20日(水)~10月11日(火)
申込方法 受講希望の方は、研修事務担当者へ氏名・連絡先を明記の上、下記、メールアドレス宛にメールをお願い致します。
  • ※メールを確認の上、研修担当事務より、詳細について連絡致します。

神奈川県厚生農業協同組合連合会 相模原協同病院
研修事務担当者:先崎・梶原
TEL:042-761-6020(代表)
E-mail:m-senzaki@sagamiharahp.com

2022年10月7日 神奈川県看護協会施設オープンセミナーを開催しました

今回は緩和ケアの研修会として当院の緩和ケア認定看護師の永村より「悲嘆や死別に対するケア」の講義を、同じく緩和ケア認定看護師の横山より「エンゼルメイクの基本」の実演を行いました。
参加者は23名で院内の看護師だけでなく、訪問看護師さんの参加もありました。
看取りの時期が近づいた患者さんや家族への関わりについて、看護師として考えさせられる時間になりました。
専門的な知識やスキルはもちろん大切です。でもその前に、目の前の患者さんを大切に思い丁寧に関わり続けていくこと、患者さんを孤独にしないことを今後も大切にしていきたいと思います。

2022年6月15日 第14回相模原北部緩和医療研究会を開催しました

コロナ禍の影響で開催を見合わせていたため3年ぶり、しかも初のWeb上での開催となりました。
今回は「ACPに取り組もう」と題して北里大学病院 がん専門看護師 児玉美由紀先生にご講演頂きました。
ACPや人生会議が提唱されてからずいぶん経ちますが、未だに現場ではどのように進めたらよいかという迷いがあることかと思います。この講演では北里大学病院における取組みについて順を追ってお話ししていただき、今後の地域連携へのヒントもいただけたと思います。
例年は講演の後でグループディスカッションをするのが恒例でしたが、今回は見合わせることになりました。今回はWeb上の参加者が最大で96名と、予想以上に多くの方々に閲覧していただくことができました。地域におけるこの領域への関心や問題意識がきわめて高いものと思われました。
来年もこうした研究会の開催を予定しています。次回こそは実際に皆さんと顔を合わせてお会いしたいという思いを新たにしました。

2021年10月24日 令和3年度緩和ケア研修会を開催しました

当院は神奈川県の地域がん診療連携拠点病院に指定されています。
各拠点病院においては年1回以上、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」を開催が義務付けられております。昨年度はコロナ禍の影響で院内の体制が整わず開催を見合わせたため、今年度は2年ぶりの開催となりました。
10月24日は院内の初期研修医や心理士、他施設からも複数の医師と看護師が参加してくださり、30名が受講しました。
今回は受講者のワクチン接種を確認したうえで、換気や手指消毒の他、従来は用意していたコーヒーやお菓子の提供を中止するなど、感染拡大に配慮した形で実施しました。
また、今年度は国から完全web形式での開催も容認されましたが、グループ討論やロールプレイングの実効性と通信環境整備の困難さから、当院ではあえてリアルな環境での開催に踏み切りました。
新病院になって初めて、しかも2年ぶりとあって運営側は多少緊張していましたが、受講者の皆さんは例年にも増して積極的に参加してくださいました。皆さんにとって有意義な体験になったのではないかと思います。 今回の結果、当院医師の緩和ケア研修会受講率は77%となりました。 最後に、院内・院外から開催の実務にご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

緩和ケア研修修了者

受診について

当院は、地域医療支援病院として、地域の医療機関と日ごろから連携体制を構築しています。診療において紹介患者さんを優先させていただいております。患者さんにおかれましては、この趣旨にご理解いただき、当院を受診される際には、かかりつけ医や他医療機関などからの紹介状をお持ちいただけるようお願い申し上げます。

トップ戻る