消化器外科・外科

診療案内

診療概要

相模原協同病院消化器病センター外科は、地域医療支援病院および、がん診療連携拠点病院として、一般的な外科的疾患、救急医療、消化器癌の外科治療に力を注いで診療を行っております。
 食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝・胆・膵・脾における炎症性疾患から悪性腫瘍まで、更に、肛門疾患、ヘルニア、集中治療を要しない小児疾患等、幅広い外科治療を行なっており、乳癌においても乳腺専門医(専門外来あり)と連携をとり、専門化した癌の診療を行っています。
また、通院治療センターを設置し、患者さんのQOL(Quality Of Life)を考慮して外来通院での化学療法を行っております。
 スタッフ一同は、「一人は万人のために 万人は一人のために」を基本理念として、市民の健康を守ることを使命とし地域のがんセンターを目指し、日々の診療に取り組んでおります。

特徴・特色

日本消化器内視鏡学会 認定専門医制度指導施設
放射線専門医の協力のもと先進的なインターベンショナル治療も日常業務として行っております。

取得可能、認定・専門医修練施設

日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本専門医機構による外科領域専門研修プログラム基幹施設
日本消化器外科学会専門医制度修練施設
日本大腸肛門病学会関連施設
日本腹部救急医学会腹部救急認定医・教育医制度認定施設
日本乳癌学会認定・関連施設